適性検査とは、職業や学科の活動にどれくらい適した素質を持っているかを判断するために行われます。適性検査の目的は、面接では把握しにくい資質や知能や学力、性格の特性、運動能力などいろいろな要素の組み合わせで検査を行い、科学的に、また、客観的に測定することにより受検者の適性を調べることです。
適性検査を受ける機会は、就職活動や転職の時はもちろん、会社内の昇進試験の時などがあり、多くの企業に取り入れられています。企業の採用試験においては、面接だけで個人の性格を見抜くことは困難であり、また面接の前に適性のある志願者だけに絞り込むことができるという利点があるのです。また、一般常識や国語、数学などの学力を測ることができるという利点もあります。
職業を決める前に行う職業適性検査というものがありますが、これは、自分がどのような職業に受け入れられやすいかという判断にもなって受けることは有意義なものといえるでしょう。

当サイトでは、適性検査の理解を少しでも深められるようにわかりやすくまとめていきたいと思います。参考になれば幸いです。

適性検査とその活用

現代、就職活動をする若者の多くは「自分のしたい仕事」などの自分本位の考えだけで就職を考えることが多いです。そのため新卒新入社員の仕事や職場への適応能力が低下しているのが実情のようです。入社して一年に満たない社員の早期離職が年々増えているのがその証といえます。

近年、第二新卒の転職も含めて就職希望者側の売り手市場となっているため、仕事や職場が合わないと感じるとすぐに退職してしまうようです。

それは就職活動をする際に自己分析をせず、「自分に向いている仕事」「自分が本当にやりたい仕事」を突き詰めていないということでもあります。就職活動では適性検査や適職診断を十分に活用し、自己分析をすることが必要なのです。

企業はできるだけ個人の適性を考えて採用や配属を行いたいと考えますが、履歴書や面接だけで個人の性格や適性はなかなか判断できません。

適性検査や性格診断は活用できれば、多面的に個人の適性や資質を判断することができます。
「適性能力」「知能」「性格・人間関係能力」などを判断する検査を統計的に分析して適性を測り、採用や配置に結び付けることができるのです。

新入社員を配属する際には、本人の適性が仕事の内容や職場の特性と合うかどうかが重視されます。この成否は社会人として第一歩を踏み出す新入社員が、よいスタートをきるために重要な判断となります。

また企業では適性検査の結果をフィードバックし、新入社員の自己理解を深めるために活用されることもあります。これをもとに、さらに上司が長所を伸ばし短所をカバーするように育てていくことで新入社員は仕事や職場へ適応していくことになるのです。
posted by ken at 11:34 | 適性検査について

適性検査と就職活動

就職活動とは、学生や失業者が職業に就くために活動することです。中学生や高校生の就職は学校が主導で活動を行いますが、大学生や失業者は基本的に本人が主導となって活動しなければなりません。

大学生の場合、就職活動は在学中から始めます。一般的には4年生大学では3年次の夏頃には大学の就職セミナーを受けて活動の流れを掴み、自分の性格や志向、価値観を自己分析することから始まります。そして自己分析により志望業界や志望企業が決定したら企業の就職サイトにエントリーし企業の情報を得て、その後は企業の採用スケジュールに従うという流れです。

就職活動はおおむね半年から1年ほど続きますが、その途中で目標を見失ったり、当初考えていなかった業界へ興味が湧いたりと気持ちの変化がつきものです。納得する企業からの内定を得るまでは、「自己分析、業界企業の絞込み、企業への挑戦」の繰り返しということになります。

以上のようなことを踏まえ、就職活動は余裕を持って早い時期に始めること、そしてできるだけ多くの情報を収集することが成功への近道といえるでしょう。

自己分析には独自にやる方法や、就職サイトの自己分析ツールなどを利用する方法もあります。適性検査も多面的に自己の適性を測定することができる有効な手段です。

職業や職種を考える場合には、適職診断とも呼ばれる職業適性検査が自分が思う職業に対しどれほどの適性があるかや、素質をもっているのかが測定できます。今日では多くの就職支援サイトで無料適性検査や適職診断を受けることができるので大いに活用しましょう。
posted by ken at 11:17 | 就職活動

職業適性検査と職業

将来自分がどのような職業に就くか考えるとき、自分の素質や適性を客観的に判断しなければなりません。適性検査とは、個人がどのような適性を持っているかを調べる検査です。

自分に適した職業を考える場合には、職業適性検査で自分がある職業に対しどれほどの適性があるか、自分が希望する職業に適した素質をもっているのかを測定します。適職診断とも呼ばれます。

職業適性検査は、個人の興味や性格、能力などの特性を様々な検査より導き出したものを、さまざまな職種の人間に対して行った検査の統計から共通する傾向との一致を探すことにより適性を測定するものです。

ただし、結果は統計的な分析に基づいているものなので、結果が個人にそのまま当てはまるものではありません。また個人の向いている職業を特定するものでもありません。

職業適性検査は、同じ傾向の人がどんな職業に多いのか、自分の性質がどのような職業に受け入れられやすいのかを知る上で有意義なものであって、広く職業を検討する機会を持つことができるものといえます。就きたい職業を決める上で、有効な判断材料の一つとして受けてみるとよいでしょう。

職業適性検査というのは、もともとは会社の人事異動に利用されていたものだそうです。現在では就職試験として企業が実施することが多くなっています。

かつて適性検査は質問用紙と回答用紙より行われ、専門家が提出された回答を分析した上でカウンセリングを行うのが一般的でしたが、今では、多くの就職情報のWebサイトでも職業適性検査を行っており、誰でも容易に受けることができるようになりました。気軽な気持ちで受けてみるのも良いかと思います。
posted by ken at 11:49 | 適性検査について

適性検査の役割

適性検査の役割について、知っておきましょう。

現在、日本の多くの企業が新卒採用の時に適性検査を実施していますが、企業にとって採用活動は企業の将来を左右する重大なものです。採用活動の目的は、企業の利益や名誉に貢献できる人材を見抜き、採用することといえます。

採用活動の際、企業は書類選考や面接、論文など、様々な手段で学生を総合的に判断しますが、その中の重要な手段の一つが適性検査なのです。

書類選考や面接だけでは、学生を正確に捉えることは不可能であり、また、就職活動中の学生は緊張や意気込みすぎによって、本来の姿が発揮できない場合も多々あります。

つまり、適性検査には面接や書類選考では測れない、潜在的な能力や性格的な特性、そして企業の求める資質を持っているかどうかを測定する役割があるのです。

また、特に志望者の多い大企業にとっては、採用試験の前に適性検査を行うことによって、志望者を絞り込むというメリットもあります。これには受検者が企業に出向く必要のないWEBテストや、検査終了時に結果がメールですぐに配信されるテストセンターなどが多く利用されています。

適性検査は統計的な分析や心理学を根拠としているため、企業にとって有効な判断材料となるため、採用試験だけでなく人事異動や昇格など、適材適所を把握するという重要な役割も果たしています。

適性検査で測る能力や性格特性は、20歳前後にはほとんど完成しているもので、将来大きな変化は起こらないとされており、生涯に渡り適合する特性であると考えられているのです。
posted by ken at 00:36 | 適性検査について

職業適性検査の種類

職業適性検査には次のような種類があります。

まず性格検査がいくつか挙げられます。

矢田部・ギルフォード性格検査」、通称「Y-G性格検査」というものがありますが、これは、J.P.ギルフォードらが開発した検査を矢田部達郎氏らが日本向けに作成し直した性格検査です。簡単に実施できますが、その半面、受検者により回答を故意に歪曲できるという欠点があるようです。性格検査にはこの他に、クレペリン、数研式M-G性格検査、CPIなどがあります。

幅広い職種を対象とした総合適性検査はGAB(ギャブ)です。基礎学力以上に「知的能力」や「統率力」、「忍耐力」、「パーソナリティ」を重視する企業に多く活用されているようです。

似た名前で、CAB(キャブ)がありますが、これは、あらゆる業種で活用されている「コンピューター職適性診断テスト」です。「知的能力」や「パーソナリティ」、「バイタリティ」、「忍耐力」など9つの項目のから分析され、SEやプログラマーなどに必要な能力を診断し、向き不向きを測ります。

総合適性検査の中でも最も多くの企業に活用されているものがSPIです。SPIはSynthetic Personality Inventory(総合人格評価)の略で、能力適性検査と性格適性検査から成り立ち、2002年10月には大幅に改訂されSPI2となりました。総合適性検査は他にCAREERVIEW、CETI、SAIなどがあります。

以上、主な職業適性検査を挙げてみましたが、職業適性検査はあらゆる機関が開発しており、筆記形式の他にもマークシートやWEB上での検査など、検査の形式も多様です。
posted by ken at 00:00 | 適性検査の種類