公務員と適性検査

公務員は、安定性や男女平等、厚待遇といったイメージが強く、人気の高い職業です。公務員は国の機関で勤務する国家公務員と、地方自治体で勤務する地方公務員に大きく分けられますが、憲法第15条により、「全体の奉仕者」と位置付けされ、公共の利益のために勤務すること、そしてその職務の遂行にあたっては公正中立、かつ最大の能力を発揮することが求められています。

そして、公務員には身分保障があります。その任免は法律により規定され、採用は公開平等の試験で、能力のみに基づいて任用することが定められています。

しかし、人気の高い分、公務員の応募者は毎年多く、採用予定数を大きく上回り、狭き門になっているのが実情です。公務員になるためには、この狭き門である採用試験に合格する必要があります。この採用試験はほとんどの職種で学歴による試験区分に分けられています。

採用試験の内容は志望する種類により異なりますが、国家公務員3種や地方公務員などの事務系の職種においては適性試験が実施されています。これは民間企業の適性検査に相当するものです。

公務員の事務系職種の大きな仕事に、文書の記録、集計、分類、照合、整理などがあり、適性検査はこのような業務を正確にそして早くできるかという初期的適性を測定するために行われます。

事務系の適性検査に対し、警察官試験で実施されている適性検査は、クレペリン検査、YG検査、ロールシャッハなど性格検査です。事務職の適性試験のような繰り返しの練習は必要ありませんが、警察官を目指すなら、どのような検査か前もって理解しておいたほうがよいでしょう。
posted by ken at 15:16 | 就職活動

適性検査と転職

転職の理由には様々な理由がありますが、給与や会社の経営方針など勤務条件に対する不満と、自分と仕事、または環境との不適合が原因のもの、例えば「仕事が合わない」「自分の能力を発揮できない」「人間関係がうまくいかない」などという2つが主なものでしょう

勤務条件に対する不満が起こる原因は、就職活動の中で情報収集が不足していたことが考えられます。会社の経営方針や給与体系などの情報は、求人情報で入手でき、面接時に確認することもできたはずなのです。

後者の原因は、就職活動の際に自己分析が十分行われなかったことが考えられます。自己分析とは自分の性格や過去を振り返り、また自分の性質や志向、価値観などを見つめ直し「どんな職業に向いているのか」を探ることです。これは仕事の中で自分の能力を生かすために不可欠な作業といえます。

自己分析は、潜在的な資質を知ることや客観的に判断するために適性検査の利用が最適です。適性検査のなかの職業適性検査や適職診断は、さまざまな就職支援サイトで受検することができます。

適性検査は基本的に、さまざまな職種の人間に対して行った検査の統計から共通する傾向を抽出し、個人の結果との一致を探すことにより適性を測定するものです。

最近では社会人向けの職業適性検査が開発されました。これは転職希望者も対象になります。社会人向けの職業適性検査とは、新卒者向けの適性検査に実務経験を経ることで得られる要素を加味して再編されたもので、今後利用者が増加するものと思われます。
posted by ken at 11:50 | 就職活動

適性検査と就職活動

就職活動とは、学生や失業者が職業に就くために活動することです。中学生や高校生の就職は学校が主導で活動を行いますが、大学生や失業者は基本的に本人が主導となって活動しなければなりません。

大学生の場合、就職活動は在学中から始めます。一般的には4年生大学では3年次の夏頃には大学の就職セミナーを受けて活動の流れを掴み、自分の性格や志向、価値観を自己分析することから始まります。そして自己分析により志望業界や志望企業が決定したら企業の就職サイトにエントリーし企業の情報を得て、その後は企業の採用スケジュールに従うという流れです。

就職活動はおおむね半年から1年ほど続きますが、その途中で目標を見失ったり、当初考えていなかった業界へ興味が湧いたりと気持ちの変化がつきものです。納得する企業からの内定を得るまでは、「自己分析、業界企業の絞込み、企業への挑戦」の繰り返しということになります。

以上のようなことを踏まえ、就職活動は余裕を持って早い時期に始めること、そしてできるだけ多くの情報を収集することが成功への近道といえるでしょう。

自己分析には独自にやる方法や、就職サイトの自己分析ツールなどを利用する方法もあります。適性検査も多面的に自己の適性を測定することができる有効な手段です。

職業や職種を考える場合には、適職診断とも呼ばれる職業適性検査が自分が思う職業に対しどれほどの適性があるかや、素質をもっているのかが測定できます。今日では多くの就職支援サイトで無料適性検査や適職診断を受けることができるので大いに活用しましょう。
posted by ken at 11:17 | 就職活動