適性検査とテストセンター

適性検査SPI2で多く行われているテストセンターという仕組みは、SPI2の普及とともに人材・組織開発会社であるリクルートマネジメントソリューションズ社によって生み出されたものです。

同社の用意したパソコンを常設した会場で適性検査を受検し、終了と同時に採点され、即時に検査結果のメールが受検者に配信されるという仕組みになっています。テストセンターとなる会場は全国に設置されています。

このテストセンターの仕組みを利用することで企業にとっては採用における手間やコストの削減し、また受検者にとっては各々の都合にあわせて適性検査を受検することができ、就職活動において有効に時間を使うことができるというメリットがあります。

採用に関わる画期的なこのテストセンターという仕組みは、現在多くの企業に受け入れられ実施されているのです。

テストセンターでは「適応型」テストというものを採用していますが、これは一問ごとの正誤によって次の問題をコンピューターが選択するテストです。つまり、受検者のレベルに合わせた問題を出題することで効率の良い測定を行うことができるというわけです。

自宅のパソコンで受検するWEBテストがありますが、これは他人のIDとパスワードで受検が可能なため、本人以外の人間が受検するという不正行為も起こりました。しかし、このテストセンターの仕組みでは受検者は身分証明書を持参し本人確認を行い、また試験管の監視の元で受検するため、不正行為のない適性検査が可能になっています。

実際にこのテストセンターを実施している企業は業績が伸びているというデータもあります。今後も実施する企業が増えるのではないでしょうか。
posted by ken at 01:26 | 適性検査の種類