適性検査SPI2の魅力

前の方の記事でSPI2の対策や実施形態について説明しましたが、このページではSPI2の魅力について書いてみたいと思います。

SPIはリクルートマネジメントソリューションズが開発した総合適性検査で、総合人事評価を意味しているもので、SPI2はSPIが2002年10月に大幅に改訂されたものです。SPI2は、現在最も多くの企業で実施されている適性検査となっており、能力適性検査と性格適性検査から構成されています。

この適性検査の目的は「企業人としての資質を高い技術に基づいて測定することで、将来の成功度や未経験の仕事への適応度を予測すること」です。30年にわたる歴史があり、その間に蓄積されたデータによって分析することで精度の高い測定結果が期待できるものとなっています。

また、近年では実施形態も多様になり、テストセンター、インハウスCBT、WEBテスティング、ペーパーテスティングなど、受検者と企業のメリットが考慮され、そして企業や受検者の都合にあわせて選べるところも魅力の一つです。

例えばテストセンターの利用の場合、ペーパーテストと比較すると実施時間が半分に短縮され、企業にとってはコストも削減できるメリットがあります。そしてその測定結果は企業が採用面接の参考資料に最適で、人物をより深く理解する手助けとなります。

また、会社内の配置や配属の際にも、面接と同時にSPI2で測定された個人の特徴を把握できるので、より効果的な配属を行うことが可能なのです。

さらに「本人フィードバック報告書」は本人に返却され、受検者は自らの性格特徴を客観的に捉えることができます。これを利用し上司との相互理解にもつながると期待されるのです。
posted by ken at 01:01 | 適性検査の種類