適性検査R-CAP

適性検査のひとつ、R-CAP(Career Assessment Program)は総合キャリア診断プログラムのことです。高校生や大学生、社会人を対象に科学的な理論、データに基づいて興味や価値観、志向を分析します。

この検査は、人生の岐路にたつ人が、自分に合った仕事や職場環境などを考える手がかりになる情報を得ることができるものです。

R-CAPには高校生向けのR-CAP for teens、大学生または未就業の若者向けのR-CAPとR-CAPストレングス、社会人向けのR-CAP for businessがあります。

高校生向きに開発されたR-CAP for teens では、受検者の資質とさまざまな職種や学問との適合度を測定します。自分はどんなタイプの人間か、どんな職種あるいは学問にむいているかを細かく分析するものです。

大学生を対象に開発されたR-CAPは、社会人2万人の調査データがもとになっています。受検者の資質と様々な職種、職場環境への適合度を測定し、職業適性を診断する検査です。

また、大学生や未就業の若者、フリーターに対して自己の「強み」を科学的に診断し、就職活動で企業にしっかりアピールできるようトレーニングするものがR-CAPストレングスです。

社会人を対象としたR-CAP for businessでは、個人の価値観や興味、志向を多面的に分析し、自分に適した仕事や環境、領域を診断する適職診断、適正診断です。

この、社会人向けR-CAP for businessには「自分の強み、適職」を分析するBSIと、「満足感を得られる職種」を分析するJFTの2種類があります。
posted by ken at 17:07 | 適性検査の種類