適性検査とY-G性格検査

Y-G性格検査は、新卒採用時に広く実施されている適性検査の一つです。

Y-G性格検査の正式な名称は「矢田部・ギルフォード性格検査」といい、「質問紙法」の性格検査で、アメリカのJ.P.Guilfordが考案した検査に基づき、矢田部達郎氏らが日本向けに検査項目を研究して作成されました。

「質問紙法」とは検査者が質問を読み上げることによって、受検者に強制的に回答させる方法です。この方法は各自が質問を読んで回答するより、正確な受検者の性格を格段に引き出すと言われています。

今日ではY-G性格検査は、新卒採用時はもちろん、配置転換や昇格などの人事管理の方法としても広く活用されているものです。検査は日常的にみられる個人の特性を12種類に分類します。そして、その特性ごとに10問ずつ合計120の質問項目から構成されます。

例えば「人の世話が好きである」という質問に対して「はい」「いいえ」「どちらでもない」の3つの選択肢から自分の性格に合うものを選び、回答欄に印刷された○印、△印をなぞって回答します。

質問の回答は数字化されてグラフ化することにより、下の5つのタイプに分類されます。

A.平均型 B.不安定積極型 C.安定消極型 D.安定積極型 E.不安定消極型

これらのタイプに当てはまらない場合には、準型、混合型と判定されます。

Y-G性格検査は、簡単に実施できるというメリットがありますが、受検者により回答を故意に歪曲されることがあるというデメリットがあります。
posted by ken at 14:28 | 適性検査の種類