SPI2の実施形態

最も多くの企業で実施されている適性検査SPI2ですが、その実施形態は4つの形態によって実施されています。それは、テストセンター、インハウスCBT、WEBテスティング、ペーパーテスティングです。

テストセンターとは、全国の主要都市に設置された検査会場のパソコンで受検する形態です。コンピューターを用いた最新型の検査で、受検者の性格と能力を測定します。時間は約60分程度、結果は検査終了時点で採点され、即時に受検者へ配信される仕組みです。

インハウスCBTとは、会社内のパソコンによって志望者が適性検査を受ける形態をいいます。これは、環境を備えたパソコンがあれば、本社・支社の場所にとらわれずに適性検査が実施できます。この形態もコンピューターを用いた最新型の検査で、時間は約60分、検査終了時点で測定され、企業はすぐに結果を取り出して活用することができます。

WEBテスティングは志望者が自宅のパソコンで適性検査を受ける形態です。結果は検査終了時点で即時に採点され企業に報告されます。時間は上記と同じく約60分です。

ペーパーテスティングとは、問題冊子とマークシート方式による従来型の形態です。ペーパーテスティングは試験管の監視のもとで行われます。会社説明会やセミナー開催時に実施されることが多い形態です
posted by ken at 13:42 | 適性検査の種類