SPI2の対策

現在、多くの企業に実施されている適性検査SPI2は就職活動の第一関門といえるでしょう。しかし、前もって準備することでほとんどの人がクリアできる試験です。SPI2は適性テストと能力テストからなっていますが、ある程度対策を立てておきましょう。

適性テストについてですが、これは受検者の人物像を明らかにするためのものなので、直感で正直に答えるという心構えが大切です。偽った回答をすることは検査の趣旨に沿いません。適性テストは心理学に基づいて性格を分類しているので、偽りの回答が他の回答との矛盾を起こすことにもなります。

例えば「生まれてから一度も嘘をついたことがないですか?」という質問に「イエス」の回答をすると「虚偽性あり」となって100%不合格になります。嘘をついたことのある人などほとんどいないからです。

性格適性は合不を判定するものではなく、企業や職種の求める資質に合うかどうかという検査であることを認識しましょう。

一方の能力検査には言語能力と非言語能力があります。

言語問題では、長文を早く読む対策や語彙を増やす対策をしておきましょう。これは練習問題によってコツをつかむことができるようになります。

非言語問題(数学)では多くの問題パターンとその最速解答方法をつかむことです。これも練習問題を繰り返し解くことで可能になるでしょう。

問題数が多く、一番得点差のできる部分ですが、高得点を取る人ほど採用の可能性は高くなります。内容自体はそれほど難しくないので、事前に十分に練習し慣れることでスピードがあがり、正確に解けるようになるでしょう。
posted by ken at 13:18 | 適性検査の種類