SPI

SPIとはSynthetic Personality Inventoryの略で、総合人事評価という意味です。
SPIは、能力適性検査と性格適性検査から構成されており、適性検査としては、現在最も多くの企業で実施されています。

SPIは、2002年10月に大幅に改訂され、現在はSPI2が使用されています。この改訂では、新傾向の問題が追加され、形式も一部変更されました。


SPIにおける能力適性検査は、言語能力検査(国語)と非言語能力検査(数学)に分かれています。

「言語能力検査」は語彙の豊かさと文章を的確に理解する力を測定、「非言語能力検査」は数字の並べ替えや、図形の展開など言語以外の力を測定するものです。問題は中学生の教科書程度のレベルなので、練習を重ねることで容易に解けるようになるでしょう。

性格適性検査は、「行動的側面」「意欲的側面」「情緒的側面」「性格類型」の4つの側面から測定されます。

行動的側面の検査では、社交的で行動的な性質か、思索的で粘り強い性質かを測定。
意欲的側面では、目標を持つ性質かや難問を活動的に解決する性質かなどを測定。
情緒的側面では、ストレスを感じたときの気持ちの動きや精神的な安定性など、周囲からは観察できない内面を測定。
性格類型では興味関心の方向、ものの見方、環境との接し方、判断の仕方について測定します。

これらのうち、性格類型以外の3つの側面は「達成意欲」「自信性」などの13段階の尺度より選択する形式になっています。
posted by ken at 13:02 | 適性検査の種類