油断禁物のWEBテスト

かつて職業適性検査といえば試験会場における筆記形式のものばかりでしたが、今はインターネットの普及で、WEBテストと呼ばれるネット上で受検させる適性検査が開発され、それまでの検査の活用方法や選考の流れに大きな変化をもたらしています。現在では、定期採用をしている企業の6割以上が、このWEBテストを導入していると言われています。

企業にとって新卒採用は、人手や時間、予算などの制約が多いものなのです。例えば、検査や試験の際の試験官、社外に選考会場を設ける場合にはその施設利用料も発生します。WEBテストを導入することにより、試験官も選考会場も必要が無く企業にとっては非常に効率がよいというわけです。

しかし、WEBテストは自宅で受験することも多く、相手が見えないため、本人がWEBテストを受検しているか確認することができないという問題点もあります。また、受検者がWEBテストで不合格になった場合に、受検者の納得が得られないという点も指摘されているのです。

WEBテストは自宅で受検できるため受検者にとっても効率がよく、油断しがちですが、企業はWEBテストで応募者を絞込む場合が多く、人気の企業においてはその通過者が2割程度という難関になる場合もあります。競争率の高そうな企業を受験する場合、充分な準備が必要でしょう。

WEBテストには、さまざまな種類があり、玉手箱、TG-WEB、WEB-CAB、リクルーティングウィザード、WEB-IMR、SPI2のテストセンター、WEBテスティングサービスなどが多くの企業で実施されています。
posted by ken at 18:40 | 適性検査について