適性検査と転職

転職の理由には様々な理由がありますが、給与や会社の経営方針など勤務条件に対する不満と、自分と仕事、または環境との不適合が原因のもの、例えば「仕事が合わない」「自分の能力を発揮できない」「人間関係がうまくいかない」などという2つが主なものでしょう

勤務条件に対する不満が起こる原因は、就職活動の中で情報収集が不足していたことが考えられます。会社の経営方針や給与体系などの情報は、求人情報で入手でき、面接時に確認することもできたはずなのです。

後者の原因は、就職活動の際に自己分析が十分行われなかったことが考えられます。自己分析とは自分の性格や過去を振り返り、また自分の性質や志向、価値観などを見つめ直し「どんな職業に向いているのか」を探ることです。これは仕事の中で自分の能力を生かすために不可欠な作業といえます。

自己分析は、潜在的な資質を知ることや客観的に判断するために適性検査の利用が最適です。適性検査のなかの職業適性検査や適職診断は、さまざまな就職支援サイトで受検することができます。

適性検査は基本的に、さまざまな職種の人間に対して行った検査の統計から共通する傾向を抽出し、個人の結果との一致を探すことにより適性を測定するものです。

最近では社会人向けの職業適性検査が開発されました。これは転職希望者も対象になります。社会人向けの職業適性検査とは、新卒者向けの適性検査に実務経験を経ることで得られる要素を加味して再編されたもので、今後利用者が増加するものと思われます。
posted by ken at 11:50 | 就職活動