適性検査の役割

適性検査の役割について、知っておきましょう。

現在、日本の多くの企業が新卒採用の時に適性検査を実施していますが、企業にとって採用活動は企業の将来を左右する重大なものです。採用活動の目的は、企業の利益や名誉に貢献できる人材を見抜き、採用することといえます。

採用活動の際、企業は書類選考や面接、論文など、様々な手段で学生を総合的に判断しますが、その中の重要な手段の一つが適性検査なのです。

書類選考や面接だけでは、学生を正確に捉えることは不可能であり、また、就職活動中の学生は緊張や意気込みすぎによって、本来の姿が発揮できない場合も多々あります。

つまり、適性検査には面接や書類選考では測れない、潜在的な能力や性格的な特性、そして企業の求める資質を持っているかどうかを測定する役割があるのです。

また、特に志望者の多い大企業にとっては、採用試験の前に適性検査を行うことによって、志望者を絞り込むというメリットもあります。これには受検者が企業に出向く必要のないWEBテストや、検査終了時に結果がメールですぐに配信されるテストセンターなどが多く利用されています。

適性検査は統計的な分析や心理学を根拠としているため、企業にとって有効な判断材料となるため、採用試験だけでなく人事異動や昇格など、適材適所を把握するという重要な役割も果たしています。

適性検査で測る能力や性格特性は、20歳前後にはほとんど完成しているもので、将来大きな変化は起こらないとされており、生涯に渡り適合する特性であると考えられているのです。
posted by ken at 00:36 | 適性検査について